文子のひとりごと
   

春と言えば、今までは「桜」をイメージしましたが、ここ数年は「花粉症」などという無粋な言葉が浮かんできます。
患者はどんどん増えているようで、「あらっ・・・私もです!」っと話が弾むこと弾むこと(笑)
すべて地球の温暖化が原因らしいですが、なんとかならないのでしょうか?
今年は例年になくこの時期の雨が少なくて桜が長持ちしているようですが、これも喜んでばかりはいられないのかもしれません。


2020年のオリンピック、2025年の万博、と大きなイベントが待っているので、シニア世代の仲間では「
それまでは元気でいよう!」が合言葉になっています。
今日という一日が明日という日に繋がっているのですが、ためらいもなくそう思い込んでいた年頃は過ぎ去りました。
必ず今日の次には明日が待っているというわけではないのです。人生のゴールはいつどこで訪れるかはわからないのですから・・・
命の不思議、生かされていることのありがたさ、をいつも念頭にして生活したいと思います。
 
            トップページへ               バックナンバーへ