文子のひとりごと


『秋きぬと目にはさやかにみえねども、風の音にも驚かれぬる』、季節はこのようにいつのまにか移りゆくものでしたが、この数年の推移は「春・夏・秋・冬」とそれぞれの個性を示すことなく、いえもっと言えば、夏と冬の間にかろうじて春と秋が遠慮がちに存在するという感じです。四季の微妙で繊細なうつろいが日本人のデリカシーを生み、ジャポニカのエキゾッチックな文化を育んだといってもよいでしょう・・・・・だとすれば四季が失われつつある今、我々日本人の心もなにか大切なものを亡くし始めている気がして不安な昨今です。

トップページへ 

ひとりごとバックナンバーへ