文子のひとりごと

今年も6月、月日の経つのは、早いものですね・・・・・


6月17日は「父の日」、我が父は84歳で元気に人生を謳歌してくれています。

私自身が若かった頃には両親が健在でしたし、母親との関係の方が近かったこともあって、父のことをマイペースでおおらかな男性だなぁ〜と思うくらいでしたが、母の死後、父と二人暮らしになって、父の奥深さを再確認するに至ったのです。
旧制中学を卒業して、大陸に憧れ、北京の専門学校に進んだ父は寮生活を経験

しただけに、炊事洗濯など家事一般なんでも来いで、私も顔まけする腕前です。
趣味も多彩で、時間がいくらあってもたりない様子、 最近は若いガールフレンド?もできて益々多忙!!!ボケている暇などないようです。自然体で無理をせず、人生を愉しむ姿勢が長生きの秘訣かな・・・と父を見ていて感じます。 40歳、50歳、60歳、70歳、80歳と10年きざみで体力は衰えていきますが、それを嘆かずに自然のことと受け止めて、過去を振り返らず、自分の身体と心に正直に生きていくことが大切なんだなぁ〜と思います。

とっぷぺーじへ  
 
ひとりごとバックナンバーへ