文子のひとり言


五月晴れという言葉がありますが、なかなか文字通りの青空は望めませんね〜
「江戸っ子は五月の鯉の吹き流しという」慣用句は 江戸っ子は言葉づかいは荒いが,腹に何もなく 気持ちはさっぱりしているということ。また,江戸っ子は口先ばかりで内容がないという意 にも使うそうです。
お互いに意地の張り合いみたいに相手をけん制しあって、世界的な不安を煽っているアメリカと北朝鮮・・・・・
それでも、ゴールデンウイークの旅行先は韓国が一番多いという日本人の感覚・・・・・
この温度差はどうなんだろうと思います。私も韓国は好きですが、今は出かけたくありません。
青空を悠々と泳ぐ鯉のぼりのように腹の中をすっきりさせて、世界中の人の心を五月晴れにしてほしいものです。
                
 トップページへ         バックナンバーへ