文子のひとりごと
                 
1月は行く2月は逃げる3月は去るといいますが、早くも1月が行ってしまいました。
そもそも新しい年が始まる1月は年始の挨拶や七草などが行事が多くあります。
その支度や片づけに忙しい月です。
2月は日数が普通は28日と短いです。
普段より日数が少ないので仕事がいつもより忙しくスケジュールなども詰まります。
3月は会社や学校が年度末で1年の締めくくりの月で、新年度への準備が立て込みます。

もっと時間がほしいのに、日がどんどん過ぎていく・・・
待って欲しいのに1月は行ってしまい、 
1か月の日にちが少なくて2月は逃げるようにひと月があっという間です。
そして、いろんなことをして気がついたら3月が去っていた・・・・・
ということでしょうか?(笑)

時の流れの早さに流されないように、今年はゆっくりと生きてみよう〜と
こんな本を3冊購入して、読んでみようと思っています。
   
 

 トップページへ                    バックナンバーへ