文子のひとりごと
                            
10月は運動会のシーズン、しかし、今年は台風が次々にやってきて、運動会が延期になったり、中止になったりしているようです。
運動会ではないのですが、「さろん」では今、スポーツみたいなカラオケモード「ハイパー予備校」が大流行しています。
歌うことは、今や若い人にとっては特に一種の格闘技のような感じなんでしょうか?
古い人間の私などは、歌は情感を込めて歌うもの・・・・・だったんですが、最近は若い人たちに感化されて?高得点を出すことに燃えています!!研究の結果?(笑)、この採点モードでは声量を出すことが肝要で腹筋を使って歌うことが高得点につながり、全国順位の上位に入るには、歌う人が少なそうな歌に挑戦するのが秘訣のようだと判明しましたので、お試し下さいませ〜(笑)
10月10日、中林会の「秋の大カラオケコンペ」では皆さん、本当にスポーツマンシップで(笑)見事な闘いぶりで、感心しました。
「歌は心で唄うもの」ですが、みんなで楽しむには点数評価で「わぁ〜」とか、「アラァ〜!!」とか一喜一憂を共有するのも悪くないかもしれませんね〜     
                    トップページへ
     バックナンバーへ