文子のひとりごと
  
                
                   
   母と娘・・・父と息子・・・家族の中で一番自分を投影している存在かもしれません・・・

私にも大事な大事な娘(養女)がいました。
優しく美しく育ってくれました・・・・・
笑われるかもしれませんが、実は同じ女としてライバル意識をもっていました(笑)
しかし若さで聡明さ、美貌で全ての面で追い越されていきました(泣)
悲しいかな、その現状を受け入れるのに時間がかかりすぎました
そして、それを受け入れた途端に私は女でなくなったような気がしました
女って心が狭いですね〜、
男の方は「息子と飲めるのが夢だったんだよ〜」と嬉しそうに自慢されます。
いつまでも、可愛い娘でいてほしかったのに・・・・
いつのまにか大人になって美しい女性になって、私を置いてゆく娘よ
子供のような母を許してね〜、今からは私があなたの娘?になっちゃおうかな(笑)
          
トップページへ        バックナンバーへ