文子のひとりごと
                         
今月は少し?出遅れました

6月は「梅雨」ということで、雨のお話をしたかったんですが・・・
「梅雨入り宣言」がされてから、雨が降らないで、空梅雨?か?と心配されていますね
先日、イチゴ狩りに行った折に伺った農家のみなさんや体験農業を教えたり、実践している方たちも、その心配をされていました。
適当な水分がないと野菜は美味しく育たないそうで、自然界の巡りは大きな影響があって、
すべてが繋がっているんですね〜
アメリカでは大きな竜巻が起こっているし、ヨーロッパでは豪雨で浸水の被害もあるとか・・・
日本では大きな地震がまだ記憶に新しいですよね〜
なにげなく、平穏な一日一日が無事に過ごせていることだけでも、感謝しないといけないのに・・・・・
なぜ人はこんなに争ったり、われ先にと人を押しのけて行こうとするのでしょうね・・・・・
私は、神様の存在を信じます・・・  それは宗教という枠から離れて、この大きな宇宙の時空という流れの中で多くの生き物がそれぞれの在りかたで生かされているという不思議な巡り、それを成り立たせている存在があると思うから・・・
形はないけれども不思議な力があると思うからです。
あなたと私が、こうして出会い、ご縁を得ていることも不思議と言えば不思議でしょう?
どこかで何かが違ったら、出会えていなかったのですから・・・・
そう思ってみんなが生きていけば、戦争や飢餓や醜い出来事はなくなるのに・・・
人って生まれてきたときは本当に美しい姿でこの世へ送り出されて来たんですよね〜
カラカラに乾いた心に恵みの雨がふって潤いをくれるように、洪水をもたらすのではなく生き物に命を吹き込む慈雨になりますように・・・
今月は取り留めのない「ひとりごと」でした・・・・

                                  
トップページへ    バックナンバーへ