文子のひとりごと                     

 

 

2月はなんたって、「バレンタインデー」が一番の話題ですね〜
そこで、今月は「愛」について、考えてみました。

少々?お堅いので、恐縮ですが、フランスの哲学者サルトルの言葉によると
「人間は他者の主体性を通じて、己の主体性を認識する、そのために我々は恋愛をする、
この主体性はすべての状況を超越する能力であり、他者の主体性を尊重する時、
《愛している》そう表現する、
結局、愛とは己の主体性を捨て他者に所有されることであり、その感情を《憎悪》という、従って《愛》は失敗するしかない・・・というのですが、いかがでしょうか?


愛は満ち満ちているようでもあり不毛のようでもあり、心の持ちよう考え方次第だという気もします。
同じ一生をいきるのなら、誤解や錯覚だとしても《愛》に包まれた人生でありたいと思います。
信じるものこそ救われる・・・・というところでしょうか?
チョコをもらったアナタ!!義理だ恩だと考えすぎず「愛されているんだ!!」と信じてくださいね〜

             
トップページへ      バックナンバーへ