文子のひとりごと


今年の流行語大賞!?「キラキラネーム」
2012年も12月を迎え、年末恒例の話題でいろいろと盛り上がっています。
今年の流行語大賞にノミネートされている言葉で?と興味をもったのが得点王中ちゃんに教えていただいた「キラキラネーム」、
誰とも被らないユニークな名前を「キラキラネーム」というそうです。

◇『週刊現代』2012.3.3・・・・・・とても「読めない」子供の名前
...親たちは、自分の意見を主張できず、個性を殺して生きてきた人たちで、過度の優等生というか、社会や周囲に過剰反応してしまうタイプが多いという印象を受けた。・・・そんな彼らにとって、自分が主導権を握れ、なおかつ個性を発揮できる数少ない機会が我が子の命名だが、彼らは『読めない名前』『男女の区別がつかない名前』が個性と思い込んでいる。・・・親が子供の名前をどんな気持ちや理由で付けているかが、子供の人格形成において重要な問題であり、名付けは一体誰のためにやるものなのかを、親御さんは忘れないでいてくれたらと思います。(命名研究家・牧野恭仁雄氏--68歳、10万人以上の命名相談を受けてきた)

キラキラネームは、次のような人の名前の総称です。
希星(きらら)絆星(きら)来桜(らら)月(あかり)天響(てぃな)緑輝(さふぁいあ)火星(まあず)葵絆(きずな)姫星(きてぃ)泡姫(ありえる)美俺(びおれ)姫凜(ぷりん)恋恋愛(れんれこ)祈愛(のあ)今鹿(なうしか)七音(どれみ)嘉緒翠(かおす) 芯次威(しんでぃー) 萌羅等南(もららな) 陽(ぴん) 京桜靖(きょ おせい) 大描夢(ひがむ) 美波瑠璃(びばるり) 愛保(らぶほ) 束生夏(ばなな) 星影夢(ぽえむ) 神生理(かおり) 陽夏照(ひげき) 空々(くうそ) 流墨愛(るぴあ) 姫奈(ぴいな) 奇跡(だいや) 美依羅(みいら) 炎皇斗(かおす)等等

人の名前というものにも流行があるようで、私のように○○子というのは今や時代遅れ?なのでしょうね〜
でも名前は一生ついて周るものですから慎重に命名したいですね・・・・
        
                                  トップページへ     
バックナンバーへ